2年ぶり 法政サッカー 刺激的

      2016/11/28

先週土曜日 (11/12)

卒業して以来ぶりに、母校である法政大学サッカー部の試合を観戦!

この日は大学サッカー最終戦 vs順天堂大学との一戦!


法政大学は勝ち点31の4位。前節の勝利で、インカレ出場をほぼ決めていたが、より確実なものにするために負けられない一戦。そして何より、4年生にとっては学生最後のホームで行うリーグ戦。

一方、順天堂大学は勝ち点29の5位。この試合に勝つと自力でのインカレ出場が確定するため、選手も応援もエンジン全開!

試合は前半から、順天堂が勢いに乗り先制点を奪うと、立て続けに得点を奪い0-2と主導権を握る展開。

しかし、法政も持ち前の粘り強さとコンビネーションで順大を崩し、前半のうちに2点を追いつき2-2で前半を折り返す。

後半はよりオープンな展開になるも、法政の隙をつき順天堂大学が2得点をあげる。終盤、法政も反撃にでるが、一歩及ばず2-4で試合終了。

結果、順天堂大学が順位を1つあげて4位。法政大学は5位で今年のリーグ戦を終え、インカレ出場権を獲得。12月に行われる本戦に出場する。

結果は残念ながら負けてしまったものの、久しぶりに法政魂を感じれる瞬間も!

さらには、一緒にプレーしていた下級生が最上級生として、プレーや色んな形でチームに貢献している姿を見ることができ自分自身とても刺激になった。

また試合会場では、4年間お世話になった寮母さんやおっちゃん、OBの方や後輩の選手たちと様々な人達に会うことができた。

相変わらず、後輩達は呼び捨て、タメ口、ハイタッチと100点満点な挨拶で、在学中と変わらぬ法政スタイルで出迎えてくれたが…笑

そんな最高な後輩達も含めて、OBや父母の方、寮母さんやおっちゃん、地域の方に法政の学生など本当に多くの人が支えてくれて、選手はプレーできていたんだなと改めて実感。

自分自身が選手としても人としても成長させてもらった環境に改めて感謝すると共に、今度は自分が何か返していければと思う。

もちろん、いまは選手として活躍していい結果を出していくことが1番なのだけれども。

同級生の中には色んな形で関わり続けている仲間もいる。自分も小さなことでもいいからそういった仲間と共に関わり続けていきたいと思うし、そういう仲間が多くなればできることも増えてくるのかなとも思う。

シンガポールでもラオスでもタイでも世界各国に法政ファミリーがいて、ここでプレーできたからこその出会いも多く経験した。

だからこそ卒業して終わりではなくて、その後も何らかの形で繋がっていくことで4年間の日々がさらに価値あるものになっていけばいいなと思う。

次は12月7日にインカレの1回戦がある。

ぜひ法政らしいサッカーでスタンドを沸かせて欲しい。

*2年前2部リーグ優勝時  photo by JUFA

<法政大学体育会サッカー部>

HP: http://hoseifc.com/

Instagram : @hoseifc_offical

" It's up to you "

Renshi

 - ブログ