サッカー教室

   

8月も後半戦に入りました。

前半戦はたくさんの人に会うことができたし、サッカーやそれ以外でも色んな体験をさせてもらうことができました。後半戦も張り切っていきたいと思います。レンシです。

今回は先日行ったシェンクワンでの話の第2弾を。

※第1弾はこちら→

シェンクワンに初上陸 - 山口廉史オフィシャルブログhttp://renshi-yamaguchi.01blog.net/326.html

今回シェンクワンでは、JICA(青年海外協力隊)とコラボさせていただき現地の子供達へのサッカー教室も行いました。

JICAの方でも取り上げるとか取り上げないとかで待っていましたが、先にフライングさせてもらいます。笑

北部の街シェンクワンにはラオリーグに参戦しているチームがなく、僕らが試合をしに行く事もなければ、彼らがラオスサッカーを生で見る機会もほとんどありません。

そんな事もあってか、知り合いの方が飲み屋のおっちゃんに紹介してくれた時も「サッカー選手がここに来るわけがない」と何度も嘘つき呼ばわりされました。

そんなやり取りのおかげもあって、最後にはおっちゃんのオシャレな私服にサインまでさせていただくほど仲良しになれましたが…笑

愉快なおじさん達との前座試合を終えたところで、いよいよサッカー教室へ。

最初は突然やってきた日本人にやや緊張気味な子供達。

しかし、サッカーが始まればそんな事はどこへやら。当然僕も本気モード。球際もガッツリいっときました。

サッカー教室は終始白熱して、子供達との真剣勝負ができた事は、僕自身にとっても貴重な時間になりました。

子供達が積極的にチャレンジしている姿を見て、僕自身がたくさんの刺激を彼らから受けました。

そして何よりも、サッカーというスポーツの偉大さを身をもって感じる良い機会なったと思います。

どこに行ってもサッカーボール1つで繋がれて、言葉や文化の壁を越えて楽しい時間を共有できる。

自分自身は一緒にサッカーをすることぐらいしかできないかもしれないけど、それでもこうした機会を作ってくれる人がいて、サポートしてくれる人がいて、喜んでくれる人がいる。

そんな瞬間に出会えたこと、とても嬉しかったです。

サッカーの偉大さを感じて、子供達からもたくさんのエネルギーをもらったので、また僕自身も新たな目標に向かって闘っていきたいと思います。

※チームメイトにも協力してもらい、今シーズン使用していた練習着などを現地の子供達にプレゼントさせてもらいました。

ではまた。

" It's up to you "

Renshi

 - ブログ , , , , , , , , ,